スキンケア

スキンケアをしても中々良くならない肌悩み 解決策は乾燥ケアです

hiroe
おはようございます^-^毎日投稿中のHiroeです!!

お肌や身体の事でお悩みのあなた!!是非ともこの記事を読んでいただければ幸いです^-^

そして、あなたのお肌や身体の悩みが解決する!!

あなたのキレイのお手伝いします^-^

まずは、ブログの応援よろしくお願いします^-^
スキンケアランキング

コチラもよろしくお願いします^-^
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへにほんブログ村

普段からスキンケアをしている人でも、冬になると空気が乾燥しているためみずみずしい肌を維持できないことも少なくありません。
この場合には、やり方を変えてみることが重要になります。
もし、スキンケアでよくならないとすれば、乾燥ケアをすることで肌の状態をより良くすることができるかもしれません。

これをスタートする前に、なぜ乾燥肌になるかを理解しておきたいところです

原因の1つは、ターンオーバーの乱れとされています。

肌は生きているため、生まれ変わってきた細胞がみずみずしい肌を作っていきますが、この肌も定期的にメンテナンスをしなければ劣化していきます。

結果的に、乾燥した肌になってしまうでしょう。

逆に、しっかりとケアした肌はみずみずしい状態を保つことが可能です。

乾燥肌になるもうひとつの理由は、間違えたスキンケアをしていることです。

スキンケアの際に、化粧水をつけすぎたり肌をゴシゴシこすってしまうと角質を傷つけてしまい、結果的に水分が逃げやすくなってしまうわけです。

そして、乾燥肌が広がっていきその後ケアをしてもなかなかよくならないことが多くなります。

肌悩みに関して美容の専門家に相談してみても、やはり同じような回答をしてくるでしょう。

では具体的にどのようにケアをしたら良いのでしょうか・・・

それは、正しいクレンジング方法を身に付けることです

乾燥ケアとしての正しいクレンジング方法の1つは、まず顔を洗う前にしっかりと手を洗うことが重要です。

手にはたくさんのばい菌がついているため、その状態で肌に触れてしまうと肌の状態が悪化するケースがあります。

少なくとも、石鹸などで一度洗っておけばよいでしょう。

理想的には30秒間洗うことが必要になるものの、食品などを扱うわけではないため15秒間位でも問題ありません。

次に、クレンジングを適当な量だけ利用するようにします。

たくさんつければより保湿の効果が高まるに違いないと考える人もいますが、風邪薬等と同じようにたくさん使用しても効果が倍になるわけではありません。

どちらかと言えば、皮膚の表面が悪化してしまう可能性の方が高いわけです。

乾燥肌を防ぐためのクレンジングを塗る場合には、まずはほうからなじませることが重要です。

その時には、優しく円を描くように指先でなじませることが大事です。

今度は、鼻の上下や唇の下あたりを少しずつなじませていきます。

そして、ある程度馴染んだところでぬるま湯を顔につけて洗い流しましょう。
この時注意する必要があるとすれば、鼻の付け根の部分などにクレンジングが溜まっている可能性があるため肌が荒れてしまうかもしれません。

少し細かいところまで丁寧にお湯で落とすことが重要です。

乾燥ケアでもう一つ重要になるのは、保湿用のクリームを塗ることです

保湿用のクリームの間違えた使い方は、やはり量をたくさん使ってしまうことでしょう。

あるいは逆に、大雑把に塗ってしまう場合も効果が発揮できない例の1つです。

正しいやり方は、まず手のひらの上にクリームを乗せて、顔全体に馴染ませることです。

この時、化粧水や乳液等を馴染ませるならば、コットンを使うと良いでしょう。

コットンを使うことで、顔全体に馴染ませることができるだけでなく、ムラをなくすことが可能です。

このように、適量を使うことやあまり大雑把になりすぎないことあるいは細かいところまでしっかりと浸透させることが重要になります。

まとめ

それ以外でも普段の食生活等を意識することが重要です。
特にファーストフードばかり食べていると、せっかくケアをしてもみずみずしさ等がなくなってしまう恐れがあります。
普段からバランスの良い食事と適度な運動そして十分な睡眠を心がけるべきです。



-スキンケア
-, , , ,

© 2022 Hiroe kirei style Powered by STINGER