ヘアケア

女性の抜け毛はストレスを感じるでしょう そんな抜毛癖を解消する方法とは

hiroe
おはようございます^-^毎日投稿中のHiroeです!!

お肌や身体の事でお悩みのあなた!!是非ともこの記事を読んでいただければ幸いです^-^

そして、あなたのお肌や身体の悩みが解決する!!

あなたのキレイのお手伝いします^-^

まずは、ブログの応援よろしくお願いします^-^
全般ランキング

コチラもよろしくお願いします^-^
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへにほんブログ村

自分自身の毛髪・まつ毛・眉毛などを無理やり引っ張ったり抜いたりしてしまう、精神的な障害を抜毛癖(トリコチロマニア)といいます。
これは抜毛症とも呼ばれる症状で、毛を抜く理由の中には美容的な目的は存在しません。

精神的なダメージで自分から毛を抜いてしまう抜毛症

毛髪や顔に生えている毛だけでなく体中の様々な部位に生えている毛が対象になるのも特徴の一つですが、髪の毛やまつ毛、眉毛などを無理やり引っ張り、抜いてしまう精神障害です。

抜毛症とも呼ばれます。

この精神障害は、毛を抜くのに美容的な目的はありません。

毛髪や顔に生えている毛だけでなく、全身のあらゆる部分の毛が対象です。

ちなみに、皮膚に異常がある場合や他のこだわりなどが原因で抜くものは抜毛癖にはならないといいますが、トリコチロマニアの中には自らの毛ではなく、他の人やペットの毛を抜いたり衣服や毛布などの糸を引き抜いてしまう患者さんもいるようです。

抜いた毛や糸は、選ぶこともあれば抜いた後に手や指で感触を確認する、口の中に入れて確認することもあるといわれており、抜いた毛を飲み込んでしまうことで胃腸の障害を併発させてしまった患者さんもいるといいます。

>>抜毛癖女性のための薬用発毛促進剤・トリコチロアール



早目に気づいたら、早目の治療が必要です

症状に応じて様々な行動を行うのも抜毛癖の特徴の一つになるのですが、毛髪を抜いてしまう場合には、それを繰り返し行っていることで髪の毛が生えて来なくなるリスクもあるため、子供などの抜毛癖を発見したときや自分自身に認識がある人は早めに心療内科や精神科などの受診が大切です。

薄毛などの場合は皮膚科で対応を図ることはできるけれどもトリコチロマニアは精神疾患の一つなどの理由から、心療内科や精神科などと連携して治療を行うケースが多いのです。

診察の中では、毛を引き抜く行為があるのか・その行為をやめようと思って繰り返し試みているのか・その行為により苦痛や日常生活に支障があることを感じているのか、この3つの事項を確認して治療のための計画を立案します。

抜毛癖は心の病気などの理由から皮膚科と精神科・心療内科、これらの専門医の連携が欠かせませんが、皮膚科では育毛剤や発毛剤を利用して薄毛のための対策および治療を進める、精神科や心療内科などではカウンセリングと薬物療法による治療が行われますが、薬物療法は必ず行われるものではなく必要に応じて適切なお薬を処方して治療を進めます。

>>抜毛(ばつもう)後の薄毛・抜け毛にお悩みのあなたへ。
抜毛癖女性のための薬用発毛促進剤トリコチロアール

どのようなものが使用されるのか疑問に感じている人も多いのではないでしょうか発毛剤と育毛剤この2つの薬

発毛と育毛、この2段階のステップは髪の毛を作り上げて太く長い毛髪に育てるといった重要なサイクルのようなものがあります。

女性の場合は、男性と比べるとお化粧をするなどの理由から鏡を見る機会が多く、鏡を見た際に毛髪の量が減っているなど目からの情報がストレスへと変化させてしまうリスクが非常に高くなりがちです。

ある程度年齢を重ねると地肌が見えて来てショックに感じる人も多いかと思われますが、若い段階で薄毛になってしまうと将来的にもっと抜け毛が増えてしまうのではないか、このように考えやすくなるためショックそのもの度合いが大きくなります。

髪を成長させるには頭皮環境を良くすることです

発毛剤は、あくまでも毛髪を作り出すためのお薬、生えて来た毛を太く長く成長させるのが育毛剤です。

髪の毛を作り出すためには頭皮環境を整えることと髪の毛を作り出すための栄養を与える必要がありますが、これをサポートしてくれるのが発毛剤です。

毛母細胞の活性化促す医薬品でもあり、生えて来た毛を長くする太く成長させるためにはより多くの血液を頭皮細胞に送る必要があり、これを可能にするのが育毛剤の役割です。

血管を広げて血流を高める、これは育毛の段階では欠かすことができない存在です。



-ヘアケア
-, , , ,

© 2021 Hiroe kirei style Powered by STINGER