ダイエット ボディメイク 美脚ケア

30代を過ぎるとやってくる下半身太り まずは脚やせに挑戦しましょう

hiroe
おはようございます^-^毎日投稿中のHiroeです!!

お肌や身体の事でお悩みのあなた!!是非ともこの記事を読んでいただければ幸いです^-^

そして、あなたのお肌や身体の悩みが解決する!!

あなたのキレイのお手伝いします^-^

まずは、ブログの応援よろしくお願いします^-^
ダイエットランキング

コチラもよろしくお願いします^-^
にほんブログ村 美容ブログ スタイルへにほんブログ村

女性は30代になると、身体的な変化の時期を迎えると言われています。
個人差はありますが、概ね30代位になると太りやすくなることもあります。

年齢と共に一度太り始めるとなかなか痩せることができない体に

今まで少しダイエットすれば体重を落とすことができた人でも、なぜかなかなか体重が落ちず太った状態が長続きするケースがあるかもしれません。

実は、この段階で自分の身体の変化に気づかなければ、太り続けることになるでしょう。

生まれ持った体質はあるかもしれませんが、一度太り始めるとなかなか痩せることができない年齢になってきたと考えれば良いでしょう。

この時、放置せずに何らかの対策を受けるかどうかでその後の見た目の状態が大きく変わってきます。

何か方法はあるのか、下半身太りとむくみではどんな対策が

下半身太りになっている場合には、脚やせを積極的に行うことが必要です。

基本的に下半身が太っている状態とは、むくんでいる状態ともいえます。

単純に体脂肪が増えているだけかもしれませんが、この2パターンを意識した上で運動を取り入れるのが良いでしょう。

下半身のむくみを解消させるためには、単純に言うと血流を良くさせることが重要になります。

逆に言えば、下半身がむくんでいる状態は血流が悪くなっている状態です。

血流が悪くなっている原因はいろいろありますが、筋肉を使わないと血流が悪くなる可能性があります。

解消するには運動をして血行を良くすることですね

人間は、歩く生き物とされており昔から歩くことで健康を維持してきました。

ところが現代人の多くは、電車やバスそして自動車などに頼ってしまい、なかなか歩くことをしません。

それ故、血流が悪くなるケースが多くなるわけです。

歩くことによりむくみが解消される理由の1つは、ふくらはぎにあります。

ふくらはぎは、下半身の心臓部分と言われておりこの筋肉を継続的に動かすことができれば、ふくらはぎが下半身のポンプの役割を果たすようになり、下半身の血流が良くなります。

そのため、積極的にジョギングやウォーキングなどをしてみると良いでしょう。

仮に、ジョギングやウォーキングなどをする場合でも、短時間だけ行ってもあまり意味がありません。

最低でも40分から1時間程度は行うことが必要です。

自分の家から片道20分から30分程度の場所を指定してそこをゴールにして、往復してみるのが良いかもしれません。

ただあなた自身で行えば3日坊主になりませんか

ウォーキングやジョギングは非常に有効でしかもお金がかからないため魅力的ですが、その反面自分1人で行っても途中でくじけてしまう人がいるのも事実です。

特に継続する人が苦手な人は、三日坊主になる可能性もあるため、ウォーキングやジョギングだけでは目的を達成することができないでしょう。

ボディメイクをするためには、継続的に続けることが必要なわけですがそのきっかけの1つになるのがプライベートジムと呼ばれるところです。

インストラクターがついてあなたに合ったトレーニングを実施

プライベートジムとは、通常のトレーニングジムとは異なり多くの場合1人のインストラクターがつきます。

そのインストラクターの指示に従って運動すれば、結果を出すことができるでしょう。

インストラクターは、その人の悩みをまずヒアリングしていきます。

そして、その人の悩みを解消させるのにふさわしい運動を紹介していく流れです。

カリキュラム等を組んでおり、その人のやり方にマッチした方法を作り上げて行き、結果が出なければやり方を変えていき、結果を出すまで続けます。

良いインストラクターに当たれば、楽しくトレーニングをすることができるでしょう。

まとめ

コーチングなどを学んでいるインストラクターならば、動機付けにも役立ちます。
ただ、2020年からコロナウィルスの影響によりトレーニングジムの利用もある意味危険との認識が出来上がりました。
安全に使うことができるところも増えてきていますが、それでも心配な場合にはオンラインレッスンのプライベートジムもあります。

-ダイエット, ボディメイク, 美脚ケア
-, , , ,

© 2021 Hiroe kirei style Powered by STINGER