スキンケア 美容

口元が気になるあなたへ笑顔に自信を持ちたい口元ケアとは

hiroe
おはようございます^-^毎日投稿中のHiroeです!!

お肌や身体の事でお悩みのあなた!!是非ともこの記事を読んでいただければ幸いです^-^

そして、あなたのお肌や身体の悩みが解決する!!

あなたのキレイのお手伝いします^-^

まずは、ブログの応援よろしくお願いします^-^
スキンケアランキング

コチラもよろしくお願いします^-^
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへにほんブログ村

口元が気になり始めるのは誰にでもあることで時間の問題ですが、大切なのは笑顔に自信が持てるようになる口元ケアです。
いわゆるローラータイプの美容器具であったり、高価な美容液を使うケア方法もありますが、必ずしも満足できるとは限らないものです。
しかし、ニードルタイプのパッチ美容器具であれば、嬉しい美容成分を口元ケアに活かすことができます。

塗る時代から直接成分を送り込む口元ケアへ

ニードルパッチは名前のように、パッチにニードルがついている形状で、肌の気になるところに貼りつけて使用します。

ニードルは短く微細なものですから、刺すという感覚はありませんし、違和感なく貼りつけられるようになっています。

従来の口元ケアは、美容成分を肌の表面から塗って浸透に期待する方法でしたが、これからは直接気になる部分に成分を送り届ける時代です。

安全なマイクロニードルの開発によって、効果的かつ専門的な美容器具は身近になり、口元ケアは大幅に進化しました。

あなたの笑顔に自信が持ちたいのならニードルパッチを使用しましょう

マイクロニードルが当たり前になった今では、肌の小ジワが気になる部分に直接ヒアルロン酸を送り届けられるので、実感できる口元ケアが違います。

肌をより健康的に、美しい状態へと導いてくれますから、肌に悩みを抱えたらマイクロニードルのニードルパッチが狙い目です。

例えば口元に年齢のサインを感じる、高級な基礎化粧品に拘っているのに変化が実感できない、そういう悩みを抱えている人に向いています。

また、口元の印象アップで笑顔に自信を持ちたい、そんな悩みや希望を持っている人にも朗報です。

最初は抵抗があるかもしれませんが、安心して使用できます

パッチタイプの美容器具は、確かに刺して使うイメージに抵抗感を覚えたり、初めてだと何となく怖いというのも分かります。

ただ、マイクロニードルの安全性や有効性は認められていますから、安心して使うことができるのは間違いないです。

マイクロニードルが開発された背景には、これまでの塗る美容ケアでは限界があり、実感できる効果が小さく個人差があったことが挙げられます。

その点、ニードルを刺して直接美容成分を送り届ける方法なら、潤って弾むような素肌の実感に繋がります。

ニードルの先端は僅か2から精々10um程度で、指で触っても痛みを感じるようなことはないです。

このニードルがついたパッチを肌の気になるところに貼ると、それだけで後はヒアルロン酸の成分が注入されていきます。

角質層へと十分に届かない難点を解消

若さにおいて重要で効果に期待できるヒアルロン酸は、分子のサイズが大きいことから浸透性に乏しく、角質層へと十分に届かないのが難点でした。

ところが、微細なマイクロニードルの登場により肌に対し直接的に、高分子のヒアルロン酸が送り届けられるようになったわけです。

ヒアルロン酸は強力な保湿成分ですが、これがニードル状に加工されていますから、肌に刺すと溶けてそのまま浸透します。

肌に刺さるので多少の刺激感は生じますが、程度には個人差がありますし、最初は気になっても繰り返して慣れてしまえば大丈夫です。

貼りつける美容器具はテスト済みであっても、赤みや腫れ、かゆみや刺激感、部分的な色抜けや黒ずみといった症状が発生することがあります。

このような異常に気がついた時は直ちに使用を中止して、皮膚科専門医に相談するのが正解です。

とはいえ、医師に相談が必要になるほどの異常が発生するケースは稀ですし、安全性に配慮されている製品であれば、大抵の人は肌トラブルを気にせずに使うことができます。

まとめ

使用するタイミングはやはりお休み前が理想的で、夜寝る前に貼って朝起きてから剥がします。
それからスキンケア後の使用もポイントの1つで、しっかりと普段のお手入れをしてから貼るのが良いでしょう。
ただし、油分が残っていると剥がれてしまいますから、十分に肌に馴染んでから貼ることが大切です。
狙い目の美容成分はアセチルヘキサペプチド-8やアミノ酪酸、そしてゲル状に加工されたヒアルロン酸で、長く成分が肌に留まるものが理想的です。



-スキンケア, 美容
-, , , ,

© 2021 Hiroe kirei style Powered by STINGER