未分類

いろいろ試したけれど解決しなかった白髪染めを美髪にするには

hiroe
おはようございます^-^毎日投稿中のHiroeです!!

お肌や身体の事でお悩みのあなた!!是非ともこの記事を読んでいただければ幸いです^-^

そして、あなたのお肌や身体の悩みが解決する!!

あなたのキレイのお手伝いします^-^

まずは、ブログの応援よろしくお願いします^-^
全般ランキング

コチラもよろしくお願いします^-^
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへにほんブログ村

使うヘアカラーやトリートメントに気を使っているものの、白髪染めが上手にできないと悩んでいる方もいるかもしれません。
人によって敏感肌なので、相性の良いケア商品が見つからないという場合も見られます。
では敏感肌などの場合でも、白髪染めで美髪を目指すためには、どのような点に気を使えばいいのでしょうか。
さまざまな視点から考えていくことで、白髪をきれいに染められる可能性が生まれます。

何を使っても効果が無い・・・ヘアカラー選びに困ってませんか?

そもそもヘアカラーやトリートメントに気を使っているといっても、商品選びの段階から間違っているという方も多く見られます。

市販されているケア商品の種類が多いとき、料金が高いものを選べば間違いないというイメージを持っている方もいるでしょう。

しかし料金が高いからといって、効果が高い商品とは限りません。

比較的安い価格でも、きれいに髪が染められるタイプの商品も多く見られます。

そのためきれいに染めたいのであれば、良い商品を見極める方法を身につけるのが最初の一歩です。

美髪を目指すためには、白髪染めが失敗する原因を押さえておきましょう

失敗する理由の1つが、白髪は撥水性が高くてヘアカラーをはじきやすい性質を持っていることです。

つける量が少ないと、撥水性の影響でうまく染まらずにムラが残る結果になります。

正しい塗布量を知ることが、きれいに染めるためのポイントの1つです。

さらに白髪をきれいに染めるためには、根本のケアに力を入れることが欠かせません。

根本は白髪の一番気になる部分でありながら、きれいに塗るのが難しい箇所になります。

ただし丁寧に塗って時間がかかってしまうと、塗り始めと最後に塗る部分の時間差によってムラができることもあるので注意しましょう。

ほかにも失敗要因の1つが、カラー選びが間違っているという点です。

実は白髪染めを利用すると、暗く染まってしまうことが多いという傾向が見られます。

ちょうど良い明るさをキープしたいと考えているのであれば、自分に合ったカラー剤選びのポイントを押さえておくことが大切です。

少し明るめのカラーを選ぶこともポイントの1つです。

実際にヘアカラーを使っていくときには、どのようなポイントに注意したらいいのでしょうか

ポイントの1つが、ケアをする前にしっかりと準備を整えておくことです。

塗り始めてから準備が不十分だったことに気が付いても、中断すると中途半端な仕上がりになってしまうので注意が必要です。

順番や流れを確認し、事前の準備をしっかりと整えたうえで作業を始めるようにしましょう。

例えば使う際のポイントの1つが、髪が均一に乾いている状態で塗るという点です。

使う商品の種類にもよりますが、基本的に乾いた髪に使うタイプの商品が多くなっています。

髪が濡れている部分と乾いている部分があると、仕上がりにムラが生まれる原因になります。

また冬場に使う場合には、室温を温かくしておくことも大切です。

室温が低いとカラーの反応が悪くなるので、ある程度の室温を保つ必要があります。

夏の場合には、冷房が直接当たらないような環境で作業するように注意しましょう。

まとめ

白髪染めが終わったら、シャンプーをしてトリートメントをするというのが全体の流れという場合が多くなっています。
トリートメントをするポイントの1つが、カラー剤によってアルカリ性に傾いた髪を正常な弱酸性に戻すというものです。
弱酸性を保つことは、ダメージを防いで色持ちをよくするために必要なことです。
このように白髪染めで美髪を保つためにはさまざまなポイントがあげられます。
実際にどのような点に注意したらいいのは把握したうえで、髪をきれいな状態に保てるようにしましょう。

くろめヘアカラートリートメント

-未分類
-, , , ,

© 2021 Hiroe kirei style Powered by STINGER