ボディケア 美容

臭いや黒ずみでお悩みのあなたのデリケートゾーンをきれいにする方法とは

hiroe
どうも^-^毎日投稿中のHiroeです!!

お肌や身体の事でお悩みのあなた!!是非ともこの記事を読んでいただければ幸いです^-^

そして、あなたのお肌や身体の悩みが解決する!!

あなたのキレイのお手伝いします^-^

まずは、ブログの応援よろしくお願いします^-^
全般ランキング

コチラもよろしくお願いします^-^
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへにほんブログ村

女性の中にはデリケートゾーンのニオイや黒ずみに悩みを持っている人が非常に多く見られます。
特に夏の時期の水着を始めとし、肌を露出する時に非常に恥ずかしいのがデリケートゾーンの黒ずみと言えます。
そもそもなぜ黒ずみが発生するのかと言うと、基本的には思春期を境にホルモンの影響で発生することがほとんどです。

黒ずんだ部分はホルモンの影響なのです

メラニン色素の多い人は色素沈着しやすい傾向があり、高齢者や子供の陰部や乳首などが黒くないのは、この影響がないことだとわかります。

ホルモンの影響によって黒ずんだ部分は、ホルモンが出ている以上なかなか薄くはなりません。

ホルモンが出ている以上は、なかなか薄くならないのが現実なのです。

一時的にレーザーで薄くすることはできるかもしれませんが、レーザー治療をやめれば半年ほどですぐに戻ってしまうため、通い続ける必要があります。

特に妊娠中になるとホルモンが高くなるので、さらに濃くなってしまうでしょう。

このような意味からも、多少の諦めは必要となります。

しかし治療で一番多いのが、お尻の坐骨の上や足の付け根の鼠径部です

この辺りは下着が擦れることで黒ずんでしまう可能性が高いでしょう。

座骨の上とは骨や骨盤の位置であり、お尻の肉の少なさなどにより、座った時に肌が擦れることによって発生します。

鼠径部はきつい下着を履いていたり、ナイロンなどの下着が合わずに着替えてしまった結果として生じるものです。

これらは後天的についたものであるため、ある程度は解消できる可能性もあります。

都市伝説として遊んでいる人は黒ずんでいると言う物を聞いたことがあるかもしれませんが、これはもちろんのことをただの迷信にあたります。

どのような人にでも言えることですが、ある程度年齢を重ね成熟した女性は、黒ずんでしまいます。

これ自体はみんな知らないことであり、他の人とも比べることができないので、自分だけが黒いのではないかと悩んでしまうのです。

なかには男性から指摘されて悩んだりすることがあるかもしれません。

一般的にはみんな一緒であり、多くは黒ずんでいます。

特に自分の本来の皮膚の色にも多少比例することから、白人や白い肌の人と比較して悲しむことがないようにしましょう。

日常で出来る黒ずみ対策もあります

このような原因があることがわかりましたが、一番はサイズが合わない下着をつけたり、肌に合わない素材をつけないことです。

引っ掻いたり擦れたりすれば色素沈着を起こすでしょう。

体型がややぽっちゃりしている人が股ずれで黒ずむこともあるため、下着選びや体重管理は必須です。

デリケートゾーンは非常に皮膚が薄い部位であり、乾燥しやすい特徴があります。

一番重要なことは保湿であり、特に高額なものを購入する必要はなく手持ちのもので良いので、毎日しっかりと気になる部分に塗布気になる部分に塗布し保湿を心がけるようにしましょう。

坐骨やお尻の皮膚などは反対に厚みがあって、擦れて乾燥すればどんどんと硬くなってしまいます。

なかなか黒ずむと消えなくなってしまうため、皮膚を柔らかくすることが大切です。

また洗いすぎにも十分な注意が必要です

陰部は不潔なイメージが強いことから、強めに洗う傾向があります。

しかし他の部分の皮膚と比べると40分の1も薄くデリケートな部分にあたるため、洗浄力の高い石鹸で洗ったり、ゴシゴシとこすってしまうと、色素沈着や乾燥を引き起こすことになります。

トイレットペーパーを使う時にも強めに吹くのではなく、抑えた後に少し動かす程度で十分です。

とは言え黒ずんだ部分はなかなか戻らないのが実情です。

手っ取り早く消し去りたいのであれば、レーザーブライトニングの施術を受けることも一つの手段です。

一回で効果が出る人も多く、繰り返し行うことにより、さらに明度が上がることでしょう。

ジャムウ 記事LP

-ボディケア, 美容
-, , ,

© 2021 Hiroe kirei style Powered by STINGER